客観性

基準

独立性または客観性の侵害(2)

客観性が損なわれるアシュアランス業務のケース 「基準」独立性または客観性の侵害1130:A1 内部監査人は、以前に自らが職責を有していた特定の業務についての評価をしないようにしなければならない。内部監査人が過去1年以内に自らが職責を...
基準

独立性または客観性の侵害(1130)

内部監査部門の独立性の侵害並びに内部監査人の客観性の侵害は、「内部監査の専門職的実施の国際基準」(以下「基準」という。)の1130で総論としてその詳細を開示するように義務付けている。 「基準」1130:独立性または客観性の侵害 事実...
基準

個人の客観性(1120)

内部監査の専門的実施の国際基準によると客観性とは内部監査人が自らの信念に基づき、偏向なく公正不変の判断をするという、精神的な態度のことである。客観性は内部監査が有効であるために不可欠な要素である。それは、内部監査人の判断に偏向が含まれると...
基準

独立性と客観性(1100)

内部監査部門の独立性と内部監査人の客観性の確保は不可欠である。「内部監査の専門職的実施の国際基準」(以下「基準」という。)では、1100で独立性と客観性についての総論を規定し、以下の4つの側面からそれぞれの基準を定めている。本記事は独立性...
用語

客観性<Objectivity>

内部監査人の公正不偏な精神的態度であり、客観性により内部監査人は自己の業務(work)の成果を真に確信し、かつ品質を害さない方法で、個々の業務を遂行することが可能となる。客観性は内部監査人に対して、監査上の諸問題に関する判断を他人に委ねな...
スポンサーリンク