コントロールド・リプロセッシング法

用語

コントロールド・リプロセッシング法(比較プログラム利用法)

平行シミュレーション法の一種であり、監査対象部門の実際の過去のデータを部門のプログラムのコピーで再処理させる。実際の部門のシステム上でプログラムが稼働されていた時の出力結果と、再処理時の出力結果とを比較する。
スポンサーリンク