内部監査の定義

–内部監査の定義–

内部監査は、組織体の運営に関し価値を付加し、また改善するために行われる、独立にして、客観的なアシュアランスおよびコンサルティング活動である。内部監査は、組織体の目標の達成に役立つことにある。このためにリスク・マネジメント、コントロールおよびガバナンスの各プロセスの有効性の評価、改善を、内部監査の専門職として規律ある姿勢で体系的な手法をもって行う。

内部監査の定義

内部監査の定義

内部監査は内部監査人協会の定める「内部監査の専門的実施の国際基準」で以下のように定義される。 --内部監査の定義-- 内部監査は、組織体の運営に関し価値を付加し、また改善するために行われる、独立にして、客観的なアシュアランス...
2019.02.19
スポンサーリンク